• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 厚別区ニュース > 平成28年4月13日号 札幌市青少年科学館のプラネタリウムがリニューアルオープン!

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

平成28年4月13日号 札幌市青少年科学館のプラネタリウムがリニューアルオープン!

 秋元市長によるあいさつ テープカットの様子 プロジェクターによる映像

札幌市青少年科学館(厚別区厚別中央1条5丁目)のプラネタリウムが最新機器を導入して4月14日(木曜日)にリニューアルオープンするのに先立ち、13日(水曜日)13時30分から、同館で記念式典が開催された。

今回導入される投影機器は世界でも有数の性能を誇る最新機種「ケイロンⅢ(株式会社五藤光学研究所)」。今までの1万倍の約1億個の星が投影でき、天の川や星雲・星団も一つ一つの星によって描かれるとともに、星の瞬きや、肉眼で見える約9,500個の恒星のそれぞれの色も再現される。併せて、番組や映像を投影する2台のプロジェクターも更新され、高精細で色鮮やかな4K映像にも対応している。

式典には、秋元克広(あきもと・かつひろ)札幌市長や平木浩昭(ひらき・ひろあき)厚別区長、町内会役員や教育関係者など約70人が出席し、テープカットでリニューアルオープンを祝った。秋元市長は「札幌で暮らす子どもたちに科学に興味を持ってもらうとともに、観光資源としても活用して、大いににぎわってもらいたい」とあいさつ。宇宙飛行士で同館名誉館長の山崎直子(やまざき・なおこ)さんからのお祝いのビデオメッセージも放映された。

その後行われた特別上映では、札幌の星空を再現したり、星を瞬かせたりして、投影機とプロジェクターの性能が紹介されるともに、札幌の絵本作家そらさんによるプラネタリウム番組「ほしをつかまえたおうじ」が上映された。

 プラネタリウムが投影する星

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403