• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 区の紹介 > 区長室へようこそ > 区長の活動から(平成30年4月~6月)

ここから本文です。

更新日:2018年7月20日

区長の活動から(平成30年4月~6月)

区長の日頃の活動の様子をご紹介します。

平成30年4月

4月6日(金曜日) 「春の全国交通安全運動」の街頭啓発を行いました

春の全国交通安全運動の様子1 春の全国交通安全運動の様子2

全国で一斉に実施される「春の全国交通安全運動」の一環として、厚別区民センター前で行われた街頭啓発に参加しました。この日は札幌厚別交通安全協会をはじめとした厚別警察署管内の交通安全関係団体、地域企業の皆さんなどが参加し、黄色い啓発の旗を掲げ、スピードダウンやシートベルトの着用を呼び掛けました。今後も悲惨な交通事故を無くしていけるよう、警察署や企業・住民の皆さんと一丸となって取り組んでいきます。

4月20日(金曜日) 北海道コンサドーレ札幌の選手が表敬訪問に来てくださいました

北海道コンサドーレ札幌選手による表敬訪問の様子1 北海道コンサドーレ札幌選手による表敬訪問の様子2

北海道コンサドーレ札幌の藤村怜(ふじむら・れん)選手が、厚別区役所へ表敬訪問に来てくださいました。この日は、サポーターから「聖地」と呼ばれている厚別公園競技場で、今シーズン初めて行われる試合を前に、藤村選手が熱い抱負を語ってくださいました。私の他に、職員代表として区役所の若手職員らも同席させていただき、大変貴重なお話を聞かせていただくことができました。これからもチームの皆さんの活躍を願い、応援します。

4月28日(土曜日) 「第29回厚別区少年軟式野球連盟結成記念大会」に出席しました

第29回厚別区少年軟式野球連盟結成記念大会の様子1 第29回厚別区少年軟式野球連盟結成記念大会の様子2

シーズンの開幕戦であり、北海道少年軟式野球選手権や太陽旗争奪少年野球軟式大会の厚別区予選も兼ねている「第29回厚別区少年軟式野球連盟結成記念大会(厚別区少年軟式野球連盟主催)」に出席しました。今大会には区内12チーム227人が参加し、私は始球式の投手という大役を務めさせていただきました。試合では選手たちが力いっぱいのプレーを見せてくれ、ベンチや観客からは熱い声援が飛び交っていました。果敢に砂埃をあげてスライディングする丸刈りの男子選手や、ポニーテールで颯爽としたフィールディングを披露する女子選手など、元気いっぱいの「あつべつっ子」たちがいきいきと活躍する姿を見て、私もパワーをもらいました。

平成30年5月

5月10日(木曜日) 「平成30年度 厚別区民ふれあい推進会総会」に出席しました

平成30年度 厚別区民ふれあい推進会総会の様子1 平成30年度 厚別区民ふれあい推進会総会の様子2

町内会・自治会や地域で活動されている各種団体、企業の皆さんなど多くの団体で構成されている「厚別区民ふれあい推進会」の総会に出席しました。

この会は、区民の心の触れ合いと連帯感を高めるとともに、区民が協力し合って人情味あふれるまちづくりを進めることを目的としており、夏の風物詩として定着した「厚別区民まつり」をはじめとした、さまざまな事業を多くの団体の皆さんが連携しながら実施しています。

総会では、今年度も連携・協力しながら、厚別区のまちづくりを進めていくことが確認されました。出席された皆さん、お疲れさまでした。これからもよろしくお願いします。

5月19日(土曜日) 「健康都市空間 新さっぽろロハスマラニック」に出席しました

新さっぽろロハスマラニックの様子1 新さっぽろロハスマラニックの様子2

健康志向のライフスタイルを意味する「ロハス」をキーワードに、マラソンとピクニックを合わせた順位やタイムを競わないスポーツである「マラニック」を行う「健康都市空間 新さっぽろロハスマラニック(新さっぽろロハスマラニック実行委員会主催)」が初開催されました。この日はあいにくの雨模様でしたが、道内をはじめとする全国各地から142人もの方が参加されていました。皆さんは体力に応じて選んだ新さっぽろ駅周辺から野幌森林公園にかけてのそれぞれのコースを、おしゃべりや自然観察などを楽しみながら歩いたり、走ったりしていました。新さっぽろ駅周辺地区では今後再開発が予定されており、今後もますます、たくさんの人が集まりにぎわいあふれる場所になることを期待しています。

5月31日(木曜日) 「厚別区災害対策本部訓練」を実施しました

厚別区災害対策本部訓練の様子1 厚別区災害対策本部訓練の様子2

厚別区の職員が災害発生時に災害対策本部要員として対応できる能力を身に付けるために「厚別区災害対策本部訓練」を実施し、私も本部長として参加しました。

「午前2時00分に大雨警報が発表された」という想定の下、区災害対策本部を立ち上げ、職員同士で被害状況や避難所開設情報を共有したり、問い合わせに対応したりする訓練を行いました。今後も、この訓練の経験を生かしながら、いざという時に慌てず、的確に行動できるよう、職員一人一人が災害の備えについてしっかりと意識を持ち、区民や関係団体の皆さんと協力しながら、安全で安心なまちづくりに取り組んでいきます。

平成30年6月

6月5日(火曜日) 「厚別区高齢者教室『瑞穂大学』」の入学式で祝辞を述べました

厚別区高齢者教室『瑞穂大学』の様子1 厚別区高齢者教室『瑞穂大学』の様子2

65歳以上の方を対象に、厚別区が毎年開講している「厚別区高齢者教室『瑞穂大学』」の入学式が行われ、学長の私から皆さまへ祝辞を述べさせていただきました。

この教室は、学習や仲間づくりを通して豊かな生活を送っていただくことや、社会参加への意欲を高めていただくことを目的としており、今年は定員いっぱいの48人が入学されました。皆さんは初日から積極的に参加され、受講者同士での交流を深めていました。高齢化が急激に進むなかで、厚別区がこれからも住み良いまちであり続けるためには、地域の皆さんと我々区役所が知恵を出し合い、共に行動する必要があります。瑞穂大学は10月まで行われますが、卒業後にはこの教室で学んだことを生かし、地域でご活躍いただくことを期待しています。

6月6日(水曜日) 厚別区役所広報ラジオ番組に出演しました

広報ラジオ番組出演の様子

厚別区のコミュニティFM放送局・FMドラマシティ(周波数77.6メガヘルツ)で放送している、厚別区役所の広報ラジオ番組「厚別ふれあい・ほっとステーション」に出演しました。

この日は、広報さっぽろ厚別区版6月号で特集記事を掲載している「厚別まちづくり宣言」についてお話しさせていただきました。「厚別まちづくり宣言」とは、厚別区が本年度、区全体を活気あふれる元気なまちにすることを目指して策定したもので「区民が主体のまちづくり」を進めることを使命として掲げています。

初めは緊張していましたが、パーソナリティにリードしていただき、リラックスしてお話しすることができました。当日の放送内容は、広報ラジオ番組のページで公開しています。

なお、「厚別ふれあい・ほっとステーション」は区民や区役所の職員などが出演し、厚別区内の事業やまちづくり活動などを紹介する番組です。毎週水曜日の午前10時45分から11時00分まで放送していますので、ぜひ一度お聴きいただければと思います。

6月17日(日曜日) 「近隣市交流事業『ファミリー森林浴ウオーキング』」に参加しました

近隣市交流事業『ファミリー森林浴ウオーキング』の様子1 近隣市交流事業『ファミリー森林浴ウオーキング』の様子2

「ファミリー森林浴ウオーキング」に参加して、野幌森林公園大沢口から江別市森林キャンプ場までの約5キロメートルのコースを、約350人の参加者の皆さんと一緒に歩きました。このイベントは、日頃から通勤・通学や買い物などで行き来することが多い、厚別区、江別市、北広島市にお住まいの皆さんの相互交流を目的に、毎年、2市と共同で開催しております。当日は、やや肌寒い天気でしたが、公園内には豊かな自然があふれており、自然観察や昆虫観察を楽しみながら気持ちよく歩くことができました。

ウオーキング終了後に行われた交流会では、今年はうれしいことに、いつもの年の2倍と、お子様の参加が多かったこともあり、ゲームや抽選会が行われ、大いに盛り上がりました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403