• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > 広報さっぽろ厚別区民のページ > 広報さっぽろ厚別区版連載「災害時の支えあい」

ここから本文です。

更新日:2013年3月14日

広報さっぽろ厚別区版連載「災害時の支えあい」

いざというとき、地域が大きな支えに

 災害が起きたとき、あなたの近くにも避難するときに手助けを必要とする人(要援護者)がきっといるはずです。
 平成24年度の広報さっぽろ厚別区版では、災害時の支えあいの方法(要援護者避難支援対策)について、厚別東地区の取り組みを例に紹介しています。 

 あなたの地区でも地域の支えあい体制を作ってみませんか?

内容 広報さっぽろ厚別区版 ラジオ放送
導入編 平成24年(2012年)5月号(PDF:256KB) 5月23日放送
ステップ1「体制づくり」 平成24年(2012年)6月号(PDF:268KB) 6月27日放送 
ステップ2「規約の整備」 平成24年(2012年)7月号(PDF:322KB) 7月25日放送
ステップ3「周知・呼び掛け」 平成24年(2012年)8月号(PDF:261KB) 8月22日放送
ステップ4「台帳作成」 平成24年(2012年)9月号(PDF:300KB) 9月26日放送 
ステップ5「防災資源の確保」 平成24年(2012年)11月号(PDF:298KB) 11月28日放送
ステップ6「日常の活動」、ステップ7「顔合わせ」 平成24年(2012年)12月号(PDF:288KB) 12月26日放送
ステップ8「防災福祉マップ作成」 平成25年(2013年)2月号(PDF:295KB) 2月27日放送 
「支えあい活動の継続」

平成25年(2013年)3月号(PDF:189KB)

連載第1回 導入編

 災害はいつ起こるかわかりません。大きな災害が発生した直後は行政の支援が間に合わず、一刻を争うときにもっとも頼りになるのが地域住民の助けあいです。
 厚別東地区では、地域が一体となって災害時の支えあいの仕組みづくりに取り組んでいます。

連載第1回誌面
連載第1回(広報さっぽろ5月号6ページ)(PDF:256KB)

 

ページの先頭へ戻る

連載第2回 ステップ1「体制づくり」

 第2回からは、厚別東地区の取り組みをもとに具体的な活動を紹介していきます。

 第1ステップは「体制づくり」。災害時の避難支援には、顔の見える関係づくりが大切です。
 さまざまな活動の中心となる組織を決めて、支援体制をつくりましょう。

連載第2回誌面

連載第2回(広報さっぽろ6月号6ページ)(PDF:268KB)

 

ページの先頭へ戻る

連載第3回 ステップ2「規約の整備」

 第2ステップは「規約の整備」。
 いざというときに支えあうためには、あらかじめ手助けが必要な人や支援をしてくれる人の情報を集めておく必要があります。
 しかし、誰にどういった情報を管理されるかがわからないと、支援をお願いすることに不安を感じるかもしれません。
 このような不安を取り除くために、個人情報を扱うためのルールを作っておきましょう。

連載第3回誌面

連載第3回(広報さっぽろ7月号6ページ)(PDF:322KB)

 

ページの先頭へ戻る

連載第4回 ステップ3「周知・呼び掛け」

 第3ステップは「周知・呼び掛け」活動。
 これまでのステップで、体制・規約が整い支えあう基盤ができたら、次は手助けが必要な人・支援してくれる人の登録を呼び掛けます。

連載第4回誌面

連載第4回(広報さっぽろ8月号7ページ)(PDF:261KB)

 

ページの先頭へ戻る

 連載第5回 ステップ4「台帳作成」

 第4ステップは台帳の作成。
 登録を呼び掛け集まった情報は台帳で管理し、いざというとき、どの支援者が誰を助けるのかをあらかじめ決めておきましょう。

連載第5回誌面

連載第5回(広報さっぽろ9月号6ページ)(PDF:300KB)

 

ページの先頭へ戻る

 連載第7回 ステップ5「防災資源の確保」

 第5ステップは防災資源の確保についてです。
 災害直後は、地域の人材や資機材などの防災資源が大きな力を発揮します。
 いざというときのために、あらかじめ情報を集め、協力体制をつくっておきましょう。

連載第7回誌面

連載第7回(広報さっぽろ11月号6ページ)(PDF:298KB)

 

ページの先頭へ戻る

 連載第8回 ステップ6「日常の活動」、ステップ7「顔合わせ」

 連載の第8回目は、日常の活動の支援、そして顔合わせについて解説します。
 いざというときに力を発揮するためには、普段から災害を意識した取り組みが欠かせません。日常から取り組める活動を考えておきましょう。
 また、支えあい活動には信頼関係を築いていくことも大切です。助ける側、助けてもらう側同士、顔合わせを行って顔の見える関係をつくっておきましょう。

連載第8回誌面

連載第8回(広報さっぽろ12月号6ページ)(PDF:288KB)

 

ページの先頭へ戻る

 連載第9回 ステップ8「防災福祉マップ作成」 

 連載の第9回目は、「防災福祉マップ」について解説します。
 「助けが必要な人がどこにいて、支える人がどこにいるか」、「防災資源はどこにあるか」、そんな情報を整理して共有するにはマップ(地図)が便利です。
 みなさんの地域でも、まちづくりにも役立つ地域のマップを作りませんか?

連載第9回誌面

連載第9回(広報さっぽろ2月号6ページ)(PDF:295KB)

 

ページの先頭へ戻る

 

 連載最終回 「支えあい活動の継続」 

 支えあいの体制づくりのステップは、前回までの8ステップで一旦完了します。
 しかし、いつ災害が起きても「支えあい」の力が威力を発揮するには、情報の更新や日々の活動が重要な意味を持ちます。
 継続して活動していきましょう。

連載最終回誌面

連載最終回(広報さっぽろ3月号7ページ)(PDF:189KB)

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、Windows Media Playerのダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部総務企画課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2400

ファクス番号:011-895-2403